• ホーム
  • ランニングコストを確認する

育毛剤におけるランニングコストとは

経済学で使うランニングコストという考え方があります。建物や設備に関して、稼働から廃止までにかかるコストを総合的にみたものです。これを育毛剤購入にも当てはめてみましょう。

育毛剤の利用は短期間で終わるものではないことは説明しました。実際どのくらいで効果を感じ始めるかは個人差が大きく、早ければ1ヶ月、時間がかかる場合は半年以上待たないと効果が目に見えてこないこともあります。もちろん、自分に合っていなければ、いつまでたっても効果を感じることはありません。

効果が出ない育毛剤を使い続けた場合、その育毛剤にかけたお金が無駄になるだけでなく、より自分に合う育毛剤を使えたかもしれない期間も大きなロスになります。薄毛対策は時間との勝負でもあり、この点を認識しておくことが大切です。

費用面から育毛剤を比較してみる

ここで、チャップアップ、薬用プランテル、BUBKA、ポリピュアEXの4つについて、費用を比較してみましょう。(1日分は記載がなければ30日で1本を使い切る計算)

  • ポリピュアEX(1本当たり120ml)
    1本:7800円(1日260円)/3本まとめ:20400円(1日227円)
  • チャップアップ(1本当たり120ml)
    1本:7400円(1日247円)/2本まとめ:13800円(1日230円)
  • 薬用プランテル(1本当たり150ml)
    1本(50日分):8200円(1日164円)/3本まとめ:22350円(1日149円)

総合的に考えて判断すること

こうしてみると、1本あたりの値段と同時に内容量や推奨使用量などを確認することが大切だとわかります。薬用プランテルは150mlで約50日分としているので、1日あたりの使用量は3mlです。ポリピュアEXとチャップアップはだいたい1か月ほどで使い切ることを目安としているので、30日分で計算しましたが、1日の使用量を3mlと薬用プランテルに揃えると約40日分使えることになります。そうすると、1日あたりの値段はポリピュアEXは170円、チャップアップは173円(いずれも3本まとめ買いの場合)となり、それほど大きな差は感じられません。

また、送料や手数料がかかるかどうかでも値段が変動します。さらに定期コースを申し込めばよりお得になることが多く、サプリメントなどのプレゼントがつき、より効果的な育毛対策ができる可能性が高いです。ただし、いきなり定期コースに申し込むことはあまりおすすめしません。一度試してみて、自分に合うことがわかってから切り替えた方がよいでしょう。